LINEで恋愛を成功させるコツは前置きをすること

LINEで恋愛を成功させるコツは前置きをすること

LINEは直接話をしなくてもすぐにやり取りができるので楽ですね。顔を見たり、声を聞く必要がないから恥ずかしがりやな人でも自然体でいられます。だから告白に使うのも便利です。

 

LINEで告白する場合、想いを分かりやすく伝えるのが大切です。

 

LINEは文章が長いと文章の書かれているスペースも増えます。吹き出しのようになっているので、文字の大きさも短文と変わらず読みにくさがあります。

 

読んでいるうちに言いたいことがわからなくならないようにしなくてはいけません。だからなるべく短い言葉で伝えてください。

 

また何の脈略もなく「好き」と送るのは辞めましょう。

 

LINEは必ずしも送ってすぐに確認するとは限りません。貴方が「好き」だと送った2時間後にLINEを見て、はじめて告白されていたことに気がついた場合相手に気を使わせることにもなりかねません。「私LINE気がつかなかった。悪いことしたな」と思われるのは貴方自身も酷ではありませんか?

 

脈略のない告白を避けるために、前置きをすることを推進します。

 

「急にごめんね。伝えたいことがあるんだ」

 

「今大丈夫かな?大事な話があるんだ」等と真剣に読んでほしいという前置きをしましょう。

 

そして「大丈夫」という返信が来たり、既読がついてから本題に入りましょう。

 

勘のいい子だったら、本題に入る前から察して真剣に自らの携帯電話とにらめっこしてくれるかもしれません。それに相手の都合を確認する言葉を入れることで、「気遣いのできる人」だと好印象になることもあります。